女性バイアグラ ラブグラについて

ラブグラは、膣の乾燥や、性欲の低下、不感症など、女性特有な性機能障害を解決するために開発された女性用媚薬で、バイアグラと同じシルデナフィルという成分が配合されており、女性用バイアグラとも言われます。血流の量を増やして、女性の性器の周りの血管を広げてくれる効果があります。通常よりも深い絶頂を体験出来るとされています。ラブグラにより膣内に潤いが増す事により、挿入の際に感じる痛みがなくなり性的快感を感じやすくなり、夜の営みが以前より楽しくなっていきます。
またラブグラを飲むとクリトリスも勃起し感度が増えるのでより性的興奮が得られます。特にFSAD(女性の性的興奮障害)やFSD(女性の性機能障害)にお悩みの女性に最適です。

効果
女性なら、更年期になると女性ホルモンの影響で、どうしても膣の潤いが不足しがちとなり、セックスも当然できません。そしてセックスに関して悩みは他人に話しづらく、治療をせずにいるとお付き合いの関係、夫婦関係に亀裂が生じるなど、日常生活にも多大な悪い影響を与えられます。
医療機関でのホルモン療法などはためらうかもしれませんが、ラブグラは、そんな治療方法を受けなくても、潤い不足と性感の低下を改善してくれる効果があります。ラブグラは性生活行っている際に女性の膣内、外陰に血液が廻らなくなるのを抑え、絶頂不全と不感症を改善できます。使われた女性の実体験による感想では、セックスの雰囲気の高さがいつもの倍くらいの快感を味わい、毎回オーガズムに達して満足感を達成することができたそうです。

副作用
副作用として頭痛、鼻づまり、鼻水、顔面の紅潮、ほてり、動悸、めまい、などが報告されています。
基本的に軽い症状の場合がほとんどですが、効果切れと同時に治まりますので、気にする必要はありません。ひどい症状が出るケースが、少なく、もしひどい症状が現る場合は、すぐ薬医師に相談してください。初めて服用する際は、ピルカッターなどで半分に割って使用される事をお勧めします。

使用方法
性交渉を行う約1時間ほど前にラブグラを1錠服用頂くと、膣内、外陰への血流の流れを良くして、膣内に潤いを当たえ、それにより女性が性交中に感じる性的快感の量を間接的に増やす効果が期待されています。
初めての方は少ない量から試して下さい。多すぎると副作用が強い傾向があります。 高齢者(65歳以上)、肝障害のある患者及び重度の腎障害(Ccr<30mL/min)のある方は、本剤の血中濃度が増加することが認められているので、25mg(1/4錠)以下が適量開始用量といわれています。

おすすめサイト:男性悩みを解消方法・シアリスの効果、副作用紹介