セックスがうまくいかない原因

性行為は相手と深くコミュニケーションする大事なことです。男女に関係なく、セックスがうまくいかないと多いのストレスを受けています。もちろん、男性の場合は勃起不全と言われ、女性の場合は不感症と言われています。実は、我々の周りで多くの人はセックスに疑問を抱きます。しかし、セックスのことは人に相談しにくいものです。けれども悩みをかかえ込まず、必要なときは専門医者に相談しましょう。今回、皆様はセックスについての悩みを解決するために、主に女性の場合で、セックスうまくいかない原因を紹介します。自宅で、以下の内容を参考し、自分の状況と比べてください。
✳セックス苦痛に感じるとき
愛し合った相手と一体になるセックスは、普通、快感を感じるはずです。初めのころはお互いに慣れないので、十分に喜びを感じないにしても、早い人なら三ヶ月くらい、遅くても一年後にはオーガズムを感じるようになると思います。しかし、一年以上たってもセックスに喜びを感じないばかりか、苦痛だったり、嫌いだったりする場合には、原因を見つけて対策を立てましょう。
✳女性がセックスを嫌う原因
女性がセックスを不快に思うのは、精神的な理由がほとんどです。パートナーへの愛情や信頼を失ったり、逆にパートナーに裏切られたりすることがおおきな原因ではないでしょうか。男性が乱暴だったり、身がってな行為をすると、セックスを楽しむよりも、苦痛に思う気持ちのほうが強くなります。また、妊娠に対する恐怖が、セックスの喜びを奪っている場合もあります。人工妊娠中絶を行ったあとなど、こうした傾向があります。仕事を持っている女性などで、ストレスがたまっていたり、ひどく疲れているときに、一時的にセックスがわずらわしくなることがあります。自分たちで解決できないときは、婦人科医や精神科医のアドバイスを求めるも一つの方法です。
✳男性側のセックストラブル
男性側のセックストラブルの原因としては、性欲が起きない、勃起しない、射精に至らないなどがあります。これらのトラブルは、精神的なストレスで起こることが多いのですが、なかには病気や薬の副作用が原因のこともあります。特に、糖尿病などの生活習慣病や内分泌異常の疾患がある場合、性欲が減退したり、勃起しないことがあります。精神的なストレスで多いのは、何かのきっかけでセックスに自信を失ったとか、四号との悩みなどです。この場合は解決を急がず、しばらくそっとしておくほうがよいでしょう。そして、たまには気分転換を図ってみましょう。それでもうまくいかないときは、セックスカウンセラーに相談するとよいでしょう。また、精神的なストレスだと思っていたら、糖尿病にかかっていたと言うこともあるので、長引く場合は、あまりかかえ込まずに専門医に相談しましょう。